おすすめのジャズ映画『スウィングガールズ』 音楽は楽しいもの!青春ビッグバンド映画の決定版!

オススメのジャズ映画 「スウィングガールズ」

「スウィングガールズ」は、2004年の日本映画。監督は「ウォーターボーイズ」の矢口史靖。主演は本作が初主演となった上野樹里。共演者は、貫地谷しほり、本仮屋ユイカ、谷啓、竹中直人、平岡祐太、小日向文世、渡辺えり子、白石美帆など。第28回日本アカデミー賞の優秀作品賞をはじめ、2004年の日本映画賞の受賞部門数最多作品となる。

【あらすじ】

とある東北地方の田舎町。高校野球の県大会が行われ、応援に向かう吹奏楽部の弁当が遅れて配達された。全くやる気がない夏休みの補習授業を、弁当を届ける理由で抜け出した1年の女子生徒たちは、弁当を盗み食いをした挙げ句に列車を乗り過ごし、直射日光もお構いなしに徒歩で炎天下の中を歩き、ようやく球場へ弁当を届けた。腐った弁当を食べた吹奏楽部は全員食中毒を起こし病院へ搬送されてしまう。彼女たちの盗み食いのために一人だけ弁当が食べられず、中毒を逃れた吹奏楽部の1年生・拓雄(平岡祐太)は、弁当を届けに行った友子(上野樹里)たちを脅迫し、無理矢理吹奏楽部に引っ張り込む。そして落ちこぼればかりの13人と、リコーダーとギターとベースしか出来ない3人の、計16人の女子生徒が集まり、急造の吹奏楽部が復活するように見えたが人数が足らず、ピアノの腕に覚えがある拓雄は、音楽室にあったジャズのレコードを参考にし、ビッグバンドを結成することを思いつく。やがて体力トレーニングに始まる猛特訓が始まり、メンバーが演奏の楽しさを知った矢先に吹奏楽部が復活し、演奏する楽器も取り上げられ、無理矢理やらされていたと強がって部室を出て行ったものの彼女たちは校庭で号泣する。

迎えた二学期、一度経験した音楽の楽しさは忘れられるものではなく、再び集まったメンバーたちは、様々な障害を乗り越えて中古の楽器をようやく手に入れる。隠れジャズマニアでありながら、演奏には全く才能が発揮できない数学の小澤先生(竹中直人)の指導の下、演奏も徐々に様になってゆく。一度は去ったメンバーたちも戻り、ビッグバンド“Swing Girls and a Boy”は様々な障害を乗り越え、「東北学生音楽祭」に滑り込みで出場を果たし、見事な演奏を繰り広げた。

【感想】

七転び八起きの青春音楽映画で、今観ても充分に楽しい作品です。落ちこぼれの少女たちが偶然にも演奏する楽しさを知り、格好だけではない音楽の素晴らしさを体験してゆくロードムービー的な作品です。高額な楽器を手に入れる困難や、中々上達しないもどかしさなど、軽く超えて行くような青春の思い込みが、リアルに、しかもコメディタッチで描かれているところが、同世代をはじめ多くの音楽ファンにも受け入れられた原因でしょう。実際この映画が公開された後、楽器店では管楽器の売り上げが数倍も伸び、アマチュアバンドの数も増え、日本中にジャズを広めるきっかけとなったのは事実です。何よりも本作で演奏されるナンバーは、耳に馴染みやすい屈指の名曲が揃っており、ジャズを「複雑な音楽」から「楽しい音楽」という概念に変えたところも大きかったのでしょう。演奏するメンバーの表情も少女らしく、なかなか経験が出来ない楽器演奏の楽しさがよく表れています。

レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です